2019年5月16日木曜日

いよいよ始まります! 〜6月1日 第1回J☆sKeps™研究会

みなさん、こんばんは
たすく豊橋の篠原です。
緑も爽やかな季節ですね。


たすくの療育では、「お子さんのことを知ることが先」を合言葉に、じっくりと時間を懸けてアセスメントをします。
また、お子さんの今と未来の充実のためには、たすくでの療育以外にも、学校や放課後等デイサービス、学童保育などの機関と連携することが大切です。
そして、各機関との連携を促進するために、代表の齊藤が中心となってまとめた「JsKeps™アプローチ(ジェイスケップ)」や、「機能的な目標6領域」などのメソッドを共有する必要があると考えています。そこで、今年度もJsKeps™研究会を、全6回で構成しました。

今年度も全6回で開催します!
初回となる今回のテーマは、「学習を支える学び・その2 ~JsKeps™アセスメントに基づく機能的な目標の選択」です。お子さんのJsKeps™(学習を支える学び)の力を伸ばすためには、どのような学習内容を選択することが望ましいでしょうか。今回は、JsKeps™(学習を支える学び)と機能的な目標について、背景となる考え方や理論、具体的な解説、指導技術等について、ワークショップ形式で分かりやすくお伝えしていきます。

お子さんたちの豊かな人生のために、みなさんで学びましょう。多くの方のご参加をお待ちしています!




1 テーマ:「学習を支える学び・その2
         JsKeps™アセスメント基づく機能的な目標の選択」
2 日 時:平成31年6月1日(土)14時15分~16時30分(開場14:00)
3 会 場:豊橋商工会議所401会議室(豊橋市花田町字石塚42-1)
4 定 員:50名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)
5 受講料:12,000円(割引制度あり。詳細は案内をご覧ください。)
6 講 師:篠原大一(TASUC豊橋教室教室長、たすく教室事業化ディレクター)

7 申し込み期限:平成31年5月25日(土)


<ずっと一緒だよ たすく豊橋>

2019年5月1日水曜日

お子さんの育ちが気になる方へ 〜個別相談会のお知らせ

みなさん
こんにちは。
TASUC豊橋の篠原です。
平成から令和に変わりましたね。
私にとっては2回目の元号の変化。昭和から平成に変わったときのドキドキ感を思い出します。令和の時代も、充実した毎日にしたいですね!


さて、
お子さんの育ちが気になる
お子さんの行動の理由がわからない
どう対応していいかわからない
など、子育てをしていて、気にかかること、困ることが色々あるかと思います。

そのような、お父さんやお母さん、お子さんのご相談にのらせていただく個別相談会を開催します。お一家族ずつ、じっくりとお話をうかがわせていただきます。
以下の日程で行いますので、お気軽にお申し込みください。
少しでも、子育てのお役に立てたらと思います。


日程 5月19日(日)、6月9日(日)
時間 9:30、11:00、13:00、14:30、16:00
会場 TASUC豊橋教室(豊橋市花田一番町138 豊橋西駅前ビル2階)
費用 初回無料

お申し込み 電話:0532-43-6535、メール:toyohashi@tasuc.com


2019年4月21日日曜日

コミュニケーションの幅を広げよう

みなさん、こんにちは
TASUC豊橋の篠原です。
今日は日差しの暖かな日ですね。


発達が気になるお子さんの指導や支援を考えたときに、コミュニケーションはとても大切な視点です。
「たすくメソッド」でもコミュニケーションを重要視しています。例えば、
メソッド1 三種の神器・・・環境の視点として
メソッド2 特性の理解と活用・・・お子さんの特性の理解の視点として
メソッド3 J☆sKeps・・・学習を支える学びの視点として
メソッド4 機能的な目標
・・・学ぶ内容の視点として
このどれにも「コミュニケーション」の内容が盛り込まれています。

文を組み立てる力をつけてあげたいです


先日のあるお子さんの療育シーンで、ご家族の方とコミュニケーションの話題が出ました。
このお子さんは、頭の中にイメージはあるけれども、それがうまく言葉にできないお子さん。(このような状況のお子さんは多いです。)
生活の中で、このお子さんが伝えてきていることをリストアップしてきてもらいました。一緒にリストの内容を確認しているときにご家族の方が「述語(動詞)は使えているように見えても、実は名詞にくっついて出てきているだけかもしれない、とボソッと。
一緒に確認してみるとやはりそう。

例えば、「トイレに行きたいです」は、「トイレに」と「行きたいです」をそれぞれ思い浮かべているのではなく、「トイレに行きたいです」の1フレーズ。それぞれを分けて考えることができるようになれば、「公園に行きたいです」「コンビニに行きたいです」「トイレどこですか?」などコミュニケーションの幅が広がります。

スタートは特定の場面で教え始めますが、常に般化を意識しながら教えていきます。一方で、言葉を引き出すためには、そもそも言葉を知っていることも大切です。語彙が必要になりますので、語彙を増やすための取り組みも同時進行で進めていきます。

コミュニケーションの豊かさは生活の豊かさにつながりますし、意思決定を支えるためにも大切です。これからもご家族と協働しながら、進めていきます!

<ずっと一緒だよ TASUC豊橋>
問い合わせはこちら
たすくグループ
0532-43-6535

2019年4月14日日曜日

選択の機会を作るためには 〜経験が必要

みなさん、こんばんは

TASUC豊橋の篠原です。
花粉症の私にとっては、今の季節の雨は、ある意味恵みの雨です。
今回は、年中のあるお子さんの療育での様子をご紹介します。

動機づけには、外発的動機づけと、内発的動機づけの2種類あります。この動機づけを高めるために、課題ができたら何をしたいか、ご褒美の活動を選ぶようにしています。このご褒美の活動までの時間は、お子さんによって異なります。1つの課題が終わったらご褒美の活動というお子さんもいれば、30分に1回ご褒美の活動のお子さんもいます。

このお子さんは、課題の後のご褒美として、(初めて)コーラ味のグミを選択しました。食べてみたところ、美味しかったようで、食べたいと伝えて来ました。
お母さんに伺ったところ、「今まで食べたことがないグミで、おそらく食感がいいと感じたのでは」。
「食べてみたら美味しかった!」・・・経験がまた一つ増えた瞬間でした。

療育の時間の後半になり、同じグミのぶどう味を勧めてみるように、療育担当の先生に伝えました。ぶどう味を食べてみると、これも美味しいと感じたようです。「食べたい」と伝えてきました。
どちらも美味しい、食べたいと感じたのなら、選択をすることができます。この日はコーラ味とぶどう味の選択をしました。楽しめることがまた1つ増えたね、とお母さんとお話しをしました。


選択の機会を作ることはとても大切です。それは、報酬系に働きかけるために、重要だからです。
しかし、そもそも経験やイメージがなければ、選択することができません。
今回の食べてみたら美味しかった、のように、小さいことかもしれませんが、新しいチャレンジを繰り返していくことが大切ですね。

<ずっと一緒だよ たすく豊橋>
問い合わせはこちら
たすくグループ
0532-43-6535

2019年3月27日水曜日

移動スキルを身につけよう 〜スプリングスクール

みなさん。こんばんは。
TASUC豊橋の篠原です。
花粉症の私にとっては、非常に辛い季節です。スギ、ヒノキとダメですので、5月上旬まで、マスクをしっ放しです。


先週、豊橋教室では、スプリングスクール を開催しました。
スプリングスクールにはいくつかのテーマがあります。
例えば、三種の神器(コミュニケーション、スケジュール、タスクオーガナイゼーション)の般化。普段とは異なる場面でも活用ができることは、大切なことです。外出時ももちろん、携帯します。

次に、大きなテーマの1つが「移動」です。
将来の自立を考えたときに、「移動」は大切なスキルとなります。
「歩く」、「自転車を使う」、「バスを利用する」、「電車を利用する」など、いろいろな方法がありますが、そもそもの経験が必要となります。地域柄、自家用車やスクールバスでの移動の機会が多いので、経験の拡大は重要です。将来は、自宅から最寄りの公共交通機関までの移動は、必須のスキルになると考えています。自分で移動できることは、そのままQOLにつながりますよね。

2日間とも、公共交通機関(名鉄、JR)を使っての移動をしました。お子さんごとに機能的な目標の段階に合わせて目標設定をし、チャレンジしてきました!



1つずつ経験を積み重ねていくことで、将来の自立につなげていきます。

<ずっと一緒だよ TASUC豊橋>
問い合わせはこちら
たすくグループ
0532-43-6535


2018年12月11日火曜日

家庭療育の実践から学ぶ 〜教材マスターの集いMAXのお知らせ

みなさん、こんばんは
TASUC豊橋の篠原です。
少し前までは温かくて冬が来たのかな、と思っていましたが、一気に冬らしくなり、鍋物がおいしい季節になりました。


研修会のお知らせです。
平成31年1月12日(土)に、第5回JsKeps™研究会を開催します。

今回のテーマは、
「教材マスターの集いMAX!!  〜JsKeps™に基づく家庭療育の事例報告から学ぶ~」
です。
家庭でどのような療育に取り組んで来たか、2名の保護者の方に発表をしていただきます。いかにして、お子さんのJsKeps™が伸びてきたか、たくさんのことを学び、感じることができる内容となっています。現在発表に向けて、資料を作成中です。乞うご期待!当日はスペシャルゲストも登場の予定です。たくさんの皆様のご参加をお待ちしています!



◯テーマ「教材マスターの集いMAX!!  〜JsKeps™に基づく家庭療育の事例報告から学ぶ~

◯日時 平成31年1月12日(土)14時15分~16時30分(開場14:00)

◯会場 豊橋商工会議所508会議室(豊橋市花田町字石塚42-1)

◯定員 50名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)

◯受講料 12,000円(割引制度あり。詳細は案内をご覧ください。)

◯講師 篠原大一(TASUC豊橋教室教室長、たすく教室事業化ディレクター)

◯申し込み期限 平成31年1月9日(水)






<ずっと一緒だよ TASUC豊橋>


問い合わせはこちら
たすくグループ
0467-23-2156





2018年11月6日火曜日

日々の家庭療育の積み重ね

みなさん、おはようございます。
TASUC豊橋の篠原です。

最近、日々の家庭療育の積み重ねの成果を感じるイベントがありましたので、ご紹介します。

1つ目は「たすく祭」
10月20日(土)に、鎌倉芸術館を会場に、第10回たすく祭が開催されました。
たすく祭は、大きなステージに立ち、たくさんのお客さんの前でパフォーマンスをします。今回は、前々回、前回に引き続き、朗読の発表大会でした。たすくでは、言語技術教育に力を入れており、その一環として、読書、朗読に取り組んでいます。

当日は、ステージで発表する「課題部門」と、教室での朗読の取り組みをビデオ作品にした「自由部門」の2つの部門の発表がありました。当日もたくさんのメンバーが愛知から鎌倉に足を運び、発表をしてきました。

発表の結果は、見事、課題部門1位、自由部門1位、総合優勝と3冠をいただいてきました!当日の発表は本当に立派でした。
前回のたすく祭から2年経ちましたが、ビデオ作品を見ると、子どもたちの読書の力が高まっていることに気づかされます。「見る」「聞く」から始まり、「話す」、「読む」とそれぞれの子なりにステップが上がっていっています。
教室での取り組みもありますが、ご家庭での日々の積み重ねが、今回の発表につながっています。
トロフィーと盾をいただきました。


2つ目は「浜名湖ノルディックウォークフェスタ」
10月28日(日)に浜名湖ガーデンパークを会場に開催されました。昨年に引き続き、2回目の参加です。今年は総勢50名での参加!13kmと5kmの2チームに分かれて参加してきました。昨年は台風が来る中での参加でしたが、今年は気持ちの良い晴れ!浜名湖の美しい景色を見ながら、歩いてきました。一般の大会に出ていますので、いろいろな人との交流もあり、貴重な体験ができました。

私も13kmコースにエントリーし、一緒に歩きましたが、1年前と比較して、どのお子さんも体力がついていて、歩くペースが落ちません。(こちらがついていくのに必死だったかも・・・)天候のこともありますが、30分以上早いタイムでゴールしています。
これも日々の家庭や日曜日の家族会活動を継続してきた成果です。
来年もチャレンジしましょう!
素晴らしい晴天でした。気持ちよかったです。




ご家族の持つ力と日々の家庭療育の成果を感じられる2つのイベントでした。たすくは一貫性と継続性。これからもご家族と一緒に取り組んでいきます。

<ずっと一緒だよ TASUC豊橋>

問い合わせはこちら
たすくグループ
0467-23-2156