投稿

教材マスターの集いMAXのお知らせ

イメージ
皆さん、こんにちは
たすく豊橋の篠原です。
今日は、雨の1日ですね。

さて、研修会のお知らせです。今年度2回目のJ☆sKeps研究会を開催します。

保護者と共に子どもたちを自立させ、家族みんなの幸せを目指す。保護者の皆さんは、お子さんの最大の理解者です。しかし、初めは「子どものことがわからない」と悩む方もいらっしゃいます。教材マスターの集いMAXは、成功や失敗を繰り返しながら、試行錯誤を重ねて、お子さんと共に一歩ずつ成長してきた、思春期・青年期を迎えたご家族の実践発表会です。


今回はオンラインにて実施します。貴重な実践は、家庭療育や学校等での実践に役立ちます!お誘い合わせの上、たくさんの方のご参加をお待ちしています!



○期日 2020年7月5日(日)10:30~12:30○実施方法 オンライン講座(ZOOMを利用)○定員 50名○受講料 9,600円(一般)、6,000円(保護者・学生)○講師 今井美香さん・今井隆也さん(たすくメンバー)、野原亜紀子さん(たすくメンバー)、篠原大一(たすく豊橋)○申し込み期限 7月3日(金)まで
◇お申し込みは、メールもしくはFAXにてお申し込みください。(詳細は案内をご覧ください。) ◇事前に「ZOOMアプリ」をご利用の端末にインストールしておいてください。ご利用には有線または無線ブロードバンドでのインターネット接続が必要です。PCやタブレット端末を推奨します。



個別の相談会(3月)のご案内

イメージ
みなさん、こんばんは
たすく豊橋の篠原です。

たすく豊橋では、個別の教育相談を実施しています。
一家族ずつお会いして、じっくりとお子様のお話を伺ったり、たすくの療育や豊橋教室のことについてお話をさせていただいたりします。

じっくりとお話を伺うことで、お子さんがご家庭や園、学校などで頑張っている様子だけでなく、どんなところに困っているかもわかります。お父さんやお母さんの困っていることや気になることも様々です。

大切なことはシンプルなことですが、「まずはお子さんの理解から」。
「理解」がなければ、当然ですが、
・お子さんがどのようなことに困っているのか?
・どのようなことをお子さんが頑張ればいいのか?
・周りはどのようなサポートをすれば良いか?
・どのような環境の配慮が必要なのか?
といったことはわかりません。


進学、進級も迫っております。少しでも子育てのヒントになるようなことがお伝えできたら、お力になることができたらと考えています。お気軽にお問い合わせください。


3月は以下の日程で実施します。
3月7日(土)、3月22日(日)、3月28日(土)
ぜひ、お気軽にお申込みください。


<空き状況>(3月17日現在)
3月7日(土)終了しました


3月22日(日)
9:30  × 11:00 ○ 13:30 ○ 15:00 ○ 16:30 ×

3月28日(土)
14:00 ○
15:15 ○
16:30 ○

小中学生のための臨時自習室を開設します!

イメージ
みなさん、こんばんは
たすく豊橋の篠原です。

新型コロナウイルスの影響により、豊橋市内の小中学校も臨時休校となりました。
「勉強したいのに勉強できない」「自習できる場所がない」そんな小・中学生のお子さんのために、自習室として、たすく豊橋教室の一部(3階教室)を解放します。
限られたスペースとなりますが、少しでもお役に立つことができたらと思います。
ぜひ、ご利用ください!


●開設日(基本は、火、水、金曜日です。)3月6日(金)、17日(火)、18日(水)、20日(金)、24日(火)、25日(水)、27日(金)


●利用時間①10:00~12:00、②13:00~14:30、③14:30~16:00(複数の時間帯のお申し込みも可)


●費用無料


●利用定員3〜4名程度(日によって空き状況が異なります)


●利用にあたって・席数に限りがありますので、事前にご予約ください。・予約時にお名前、連絡先、利用予定時間、送迎方法をお知らせください。・自習ができる準備を持たせてください。・マスクの着用、咳エチケットにご協力をよろしくお願いします。・入室時は、手洗いと消毒をお願いします。・感染予防のため、常に窓を開けて換気をします。防寒具を必要に応じてご用意ください。・室内は飲食OKです。昼食、水筒等をお持ちいただいて構いません。・自転車でお越しの方は、ビル入口付近にある駐輪場もしくは公共の駐輪場に停めてください。路上への駐輪は近所の方のご迷惑となりますのでご遠慮ください。・教室にて別プログラムを同時に実施しています。ご了承ください。


●お問い合わせ・お申し込み先 たすく豊橋教室 〒441-8013 豊橋市花田一番町138       豊橋西駅前ビル2・3階  TEL 0532-43-6535(火〜土9:00~18:00)


個別の相談会を開催します

イメージ
みなさん、こんばんは
たすく豊橋の篠原です。

たすく豊橋では、個別の教育相談を実施しています。
複数の方を対象に、たすくの療育や豊橋教室のことについてご説明させていただく機会もありますが、一家族ずつお会いして、じっくりとお話を伺うことが大切だと考えています。

じっくりとお話を伺うことで、お子さんがご家庭や園、学校などで頑張っている様子だけでなく、どんなところに困っているかもわかります。お父さんやお母さんの気になることも様々です。本当に、それぞれのご家族で内容は異なります。


「まずはお子さんの理解から」・・・これが大切だと思います。「理解」がなければ、当然ですが、
・お子さんがどのようなことに困っているのか?
・どのようなことをお子さんが頑張ればいいのか?
・周りはどのようなサポートをすれば良いか?
・どのような環境の配慮が必要なのか?
といったことはわかりません。

「まずはお子さんの理解から」・・・言ってみれば、シンプルなことなのだと思いますが、とても大切なことです。


少しでも子育てのヒントになるようなことがお伝えできたら、お力になることができたらと考えています。お気軽にお問い合わせください。


2月に個別の教育相談を実施します。以下の日程です。
2月2日(日)、2月8日(土)、2月15日(土)
まだ、若干の空きがありますので、ぜひ、お申し込みください。



<空き状況>(2月11日現在)
2月2日(日)終了しました
14:30 ○
16:00 ×

2月8日(土)終了しました
14:30 ○
16:00 ○

2月15日(土)
14:00 ×
15:15 ×
16:30 ×

3月も実施しますので、お気軽にご相談ください。


<ずっと一緒だよ たすく豊橋>



アセスメントがスタート

イメージ
みなさん、こんにちは
たすく豊橋の篠原です。
新年を迎えました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
インフルエンザ等、体調を崩しやすい季節ですので、気をつけていきましょう。


新年最初のブログですので、アセスメントについて書きたいと思います。

たすくの大切なプログラムの1つがアセスメントです。
「検査をしないでオペをする医者はいない」という言葉のとおり、アセスメントをしないで、計画を立てたり、実施したりする療育はありません。
このアセスメントをとおして、お子さんのことを、皆で理解し、まさしくONE TEAMで療育を進めていきます。


昨年もほぼ毎週、アセスメントを実施してきました。
一家族だけを教室にお迎えし、アセスメントを実施します。
お子さんの学習、昼休憩、協議と合わせて、約5〜6時間をかけて実施します。
教室としても一大イベントです。


初回というメンバーさんもいれば、6回目というメンバーさんもいらっしゃいます。(ちなみに、6回目という方は、たすく豊橋ができてから一番長く通っているメンバーさんです。)
ですので、それぞれのアセスメントでは、年齢やお子さんの状況、生活状況などを踏まえて、テーマを設定しています。

例えば、
・J☆sKeps(学習を支える学び)の現状や、その力がどれくらい伸びているか確認する
・お子さんの特性について、改めてみんなで確認して理解する
・コミュニケーションの課題について、整理して、取り組む課題を明確にする
・家庭で取り組む生活スキルについてチェックする
・将来を踏まえてリスクを整理する
などです。


このテーマを踏まえて、午前中に約2時間、学習や運動に取り組みます。
お子さんそれぞれのピークの力を発揮できるように、事前に準備したり、当日に働きかけたりします。お子さんの頑張る姿に、いつもみんなで感心し、感動します。
お子さんの頑張る様子、困っている様子などを、ご家族、スタッフがその場で共有することもとても大切です。
ご家庭での日々の困り感を、私たち支援者が理解することもとても大切です。
当日は、お父さんにも同席していただくようにお願いしています。
子育ての中心はお母さんというご家庭が多いですが、それをバックアップしてくださるのがお父さん。
なかなか普段見ることができないお子さんの姿を見ていただくことが大切です。
お母さんとは違った視点もお…

自分から伝えたい気持ちを高めるために

イメージ
みなさん
こんにちは、たすく豊橋の篠原です。
まだまだ残暑の厳しさが残る季節です。熱中症対策を引き続き、していきましょう。


自分から伝えたいという気持ち(コミュニケーションマインドとも言います)を高めるためには、どうしていけばいいでしょうか。
見る視点がいくつかあるのですが、まずはお子さんの「理解」からスタート!

・何が好きかな?何をしたいかな?
・伝えたいことは何かな?
・伝えた経験をどれくらいしているかな?
・どんな方法で伝えようとするかな?
・誰だったら伝えやすい?
・伝えることに関する体の機能(舌や唇の動き、ジェスチャーなら手の動かし方など)はどうかな?
・伝えたい相手のところに伝えに行けるかな?
・伝えたいことを整理して伝えられるかな?

例えば、これらのようなことをチェックします。


たすく豊橋教室に通うお子さんもコミュニケーション指導、コミュニケーション支援を大切にしています。
お子さんによって、伝えたいこと、伝える方法は様々。
お子さんにとってどのような取り組みをするのか、アセスメントを通して評価し、お父さん、お母さんたちと作戦を立て、取り組んでいます。
コミュニケーション指導、支援をしていて、難しいことは「継続性」。コツコツと続けていくこと、お子さんに合わせてスモールステップで進めることが、当たり前のことなのですが大切なことです。中には、1年、2年とじっくりと取り組む中で力をつけていくかお子さんもいます。


これは、あるお子さんがアセスメントの時に、書いてくれたものです。 頭の中に伝えたいことのイメージはあるのだけれど、なかなか言葉にすることが難しいお子さん。 勉強のスケジュールを立てるための指示書が欲しいのだけれども、それがうまく伝えられません。 「伝えたいことを書いてみたら?」と伝えると、う〜ん、と考えて、写真のように書いてくれました。 指示書を渡すと、嬉しそうに指示書を見ながらスケジュールを組み立てていました。



絵カードを使って、自分の伝えたいことを伝えるお子さんもいます。
このお子さんの特性として、
①動作を伴うと考えやすい、理解しやすい
②イメージすることが得意
ということがあります。
お話しブックは、彼のそんな得意なところを生かせるツールです。
カードを並べる・・・動作
カード・・・イメージ

うーんと考えながらカードを並べて、伝えたいことを…

自ら移動する力をつけるために

イメージ
みなさん
こんにちは
たすく豊橋の篠原大一です。

今年の夏も本当に暑いですね・・・。昨年度のこともありますので、熱中症対策はバッチリですが、暑いものは暑い!気をつけていきましょう。

7月末より2週間、サマースクールを実施しました。
サマースクールのテーマの一つが「移動スキル」。
地域柄、車での移動が多いので、公共交通機関を使って移動することをテーマの一つとして設定しています。今回は、豊橋鉄道市内線(路面電車)、JR、豊橋鉄道渥美線の3種類の手段を使って移動しました。子どもたちは、暑い中でも楽しんで参加してくれました。経験を積み重ねることで、切符の購入や乗車マナーなど少しずつ変化していきました。






例えば、子どもたちが将来、自分で仕事に行く、自分で行きたい場所に行く、自分で旅行に行く、ことを考えたとき、どのような知識やスキル、経験が必要になるでしょうか。
たすくでは、「自ら」「主体性」をキーワードに療育を進めていますが、この「移動」についても、「自ら」「主体性」が大切になります。

自宅から、自ら移動するということを考えると
・徒歩で移動する
・自転車を使って移動する
・路線バスを使って移動する
・路面電車を使って移動する(豊橋らしい)
・電車を使って移動する
が手段だと思います。

ここにあえて、お迎えに来てもらって移動する、を入れていないのには理由があります。
それはやはり、「自ら」「主体性」にこだわりたいからです。
いつかは、そのようなサービスを利用するかもしれません。それは、私自身も同じだと思います。でも、自ら移動するチャンスがあるのだとしたら、チャレンジさせてあげたい。


もちろんチャレンジには、リスクが伴います。
・途中で気になるものがあると、立ち止まってしまうかもしれない・・・
・交通事故にあうかもしれない・・・
・電車に乗り遅れるかもしれない・・・
・電車の事故が原因で、移動の途中で電車が立ち往生してどうしていいか困るかもしれない・・・
・知らない人に声をかけられて戸惑うかもしれない・・・
想像するだけでも、幾つもリスクがあがってきます。


できる対策としては、例えば、このリスクを1つでも予測し、備えることです。
そのためには、コミュニケーションツールを整えたり、スケジュールを準備したりすることが必要かもしれません。ルートを一緒に何度も確認してシミュレーション…

ボタンを押すとたすくWebサイトにジャンプします

たすく豊橋教室では、個別相談会や勉強会などを開催中です!

詳細はたすく豊橋教室の紹介ページをご覧ください。

【アクセス】
住所:〒441-8013 愛知県豊橋市花田一番町138 豊橋西駅前ビル2F