投稿

早期からのお子さんの理解、療育の大切さ

イメージ
皆さん、こんにちは たすく豊橋の篠原です。 今日は久しぶりの雨降りで、花粉症の私にとっては、ありがたい1日です。 昨日、ここ数年、訪問させていただいている幼稚園の今年度最後の日でした。 初めてコンサルテーションに伺わせていただいた時に、年少々だったお子さんたちが、この春で卒園。なんか、過ぎて見るとあっという間ですね、と、当時の年少々の担任だった先生と懐かしみました。 幼稚園や保育園などを訪問させていただくと、いろいろなお子さんに出会えます。 その中には、特性がありそうだな、と感じるお子さんがちらほらと。 園に通っているこの時期は、アンバランスな認知発達の時期。先生方や、ご家族もお困りのこと、ご心配なことがある時期です。 お子さんと関わらせていただきながら、そのお子さんの ・いいところ ・頑張っているところ ・認知の特徴 ・身体や感覚処理の特徴 ・心理面のこと ・コミュニケーションのこと など、たすくのトータルアプローチの視点で、どのようなお子さんから、と観察をさせていただいています。 そのお子さんのことが1つでもわかると、先生方と共有します。 お子さんの困っていることなどは、日常の様子から、先生たちが気になっていたことと合致することが多いです。お子さんのことが1つでもわかれば、どのようにサポートしてあげれば良いか、具体的なアイデアが検討できます。 同じように、教室での療育でも、アセスメントをとおして、お子さんのことを理解し、具体的に取り組むプログラムを、お父さん・お母さんと共有しています。例えば、写真のような1対1の個別学習をしています。 プログラムをとおして、 例えば、 ・コミュニケーション力 ・着席行動 ・学習の姿勢づくり ・よく見て、よく聞くこと ・見る、見分ける、聞く、聞き分ける力 ・よく見て真似をする力 ・目標(やりたいこと)に向かって取り組む力 ・間違えた時に、気づいて修正する力   ・スケジュールを使って、自分で活動を進める力 このような、自ら学ぶ力を育てていくことを目標にしています。 そして、ご家庭でお父さん・お母さんが子育てを少しでもしやすくなるように、お手伝いをさせていただけたらと思っています。実際に、このような力がついてくることで、お子さんは学びやすくなりますし、お父さん・お母さん・支援者の方は教えやすくなります。写真のお子さんも、通い始めてか

3月の個別相談会のご案内 新規会員募集中!

イメージ
皆さん、こんばんは たすく豊橋の篠原です。 花粉症の季節になりました。花粉症の私にとっては、辛い時期です。 新年度をまもなく迎えます。就学や進学、進級に向けて、楽しみな一方で、ご心配なことやご不安なことがある方もいらっしゃると思います。 たすく豊橋では、個別の教育相談を実施しています。 一家族ずつお会いして、じっくりとお子様のお話を伺ったり、たすくの療育や豊橋教室のことについてお話をさせていただいたりします。 お子さんがご家庭や園、学校などで頑張っている様子だけでなく、どんなところに困っているかもわかります。 大切なことはシンプルなことですが、「まずはお子さんの理解から」。そこから支援が始まります。 たすくでは、お子さんのことを理解するために、アセスメントを重視しています。そのアセスメントの体験をとおして、 少しでも子育てや希望する進路に向けたヒントになるようなことがお伝えできたら、お力になることができたらと考えています。 お気軽にお問い合わせください。 また、新年度を迎えるにあたって、新規会員も募集しています! 子育てのコツを知りたい!もっと子どものことを理解したい!専門家のサポートを受けたい!子どもにしっかりと学ばせたい!そのようなご希望をお持ちの方。ぜひ、たすくの門を叩いてください。スタッフ一同、お待ちしています。 3月は以下の日程で実施します。 いずれも午後になります。来室が難しい方は、オンラインでのご相談も承ります。 3月6日(土)14:30〜、16:00〜 3月7日(日)14:00〜、15:30 〜、17:00〜 3月20日(土) 14:30〜、16:00〜 3月27日(土) 14:30〜、16:00〜 ぜひ、お気軽にお申込みください。 <ずっと一緒だよ たすく豊橋>

オンラインでの教育相談をしています

イメージ
 皆さん、こんにちは たすく豊橋教室の篠原です。 1都3県に緊急事態宣言が発令され、その他の地域にも影響が波及しています。 豊橋でも毎日、情報が流れてきます。 改めて、感染症予防に気をつけていきたいですね。 新型コロナウイルス感染症が心配。 子どもが体調不良で外出できないが、相談したい。 豊橋教室は遠方なので、なかなか行くことができない。 といった、ご事情がある方に向けて、たすく豊橋教室では、オンラインでの教育相談を実施しています。 「じっと座っていられない」「なかなかうまくコミュニケーションがとれない」「集団活動が苦手」など、ご家庭や通園先、通学先でお困りのことについて、ご相談に応じます。 ちょっとしたことだけど・・・ こんなこと相談していいのかな・・・ といった心配はご無用です。 少しでもお役に立つことができたらと思います。 お気軽にお問い合わせください。 お申し込みは、 たすくのホームページ、もしくは、お電話、メールにて、承ります。 <ずっと一緒だよ たすく豊橋>

2021年、本年もどうぞよろしくお願いします。

イメージ
 旧年中は、多大なるご支援をいただき、誠にありがとうございました。  地域の福祉力、特別支援教育力のより一層の向上のためには、一人一人に応じたアセスメントの実施と支援計画の作成、ご家庭中心での教育機会を保証していくためのプログラム、各種研修などが大切であると考えています。 また、教育相談など、多くのご家族から寄せられるニーズにお応えし、少しでもお役に立てるような機会も大切です。  これらの取り組みを通して、ご家族や支援する方々が不安を少しでも解消し、希望をもって子育てに向かうことができるよう、少しでもお役に立てることができたらと考えております。微力ではありますが、今後も研鑽を重ね、常に評価改善を繰り返しながら取り組んでいきます。     障がいや発達の凸凹があっても、安心して子どもを育て、地域で生きる力をつけてもらえるような仕組みづくりに取り組んでいきます。  本年もより一層のご愛顧のほど賜りますよう、お願いいたします。 令和3年1月 たすく豊橋 教室長 篠原大一

保護者による実践発表会 教材マスターの集いMAX冬 開催のお知らせ

イメージ
皆さん、こんばんは たすく豊橋の篠原です。 今日は1日、風が強かったですね。 研修会のご案内です。 「  2020年度 教材マスターの集いMAX冬 ~発達障がいのある子の今の充実と未来への備え~」 を開催します。 ご家族と共に子どもたちを自立させ、家族みんなの幸せを目指します。 保護者の皆さんは、お子さんの最大の理解者です。 たすくは、その保護者・ご家族と共に、お子さんの今の充実のためと未来の備えのために、評価改善を繰り返しています。 本会では、これまでの療育の経過をご家族に発表していただき、今後の課題に対するワークを行います。 ご家族のみならず、先生や支援者、地域サポーターなど、たくさんの方々と、明日からの実践に生かせるアイディアを出し合います。 皆さんで学びましょう。ぜひ、ご参加ください! 日時:令和2年12月13日(日)9:30~12:00 方法:オンライン講座 ※zoomにて開催します。    事前にzoomアプリ(最新版)をインストールしてください。 お申し込み:Peatixにてお申し込みください。         https://peatix.com/event/1722351/view       申込後、前日にzoomURLをお送りします。       申込締め切りは12月12日12時です。 内容:1.親と語る!「私の子育て奮闘記」    2.家庭療育実践発表    ・僕、おしゃべりが大好きだよ! 〜安心できる環境がコミュニケーション力を伸ばす    ・スケジュールがあれば、苦手なこともバッチリだよ! 〜生活の中での三種の神器の取り組み    3.ワークショップ「明日から使える実践アイディア!」 <ずっと一緒だよ たすく豊橋>

アセスメントをとおして、お子さんを理解する

イメージ
皆さん、こんにちは たすく豊橋の篠原です。 今日は、暖かく穏やかな1日になりました。(途中雨が降っていましたが・・・。) アセスメントはたすくの基幹事業で、1年間の目標や具体的な取り組みを決めるための大切なプログラムです。ご両親とたすくスタッフ、場合によっては担任の先生や相談員さんなどの関係者も同席して、お子さんのアセスメントを実施します。 「検査をしないでオペをする医者はいない」ように、たすくも「アセスメントをしないで・・・」をモットーにしています。お子さんの理解がとても大切です。1年に1回にとても大切な日です。 今日は小2のお子さんのアセスメントでした。 療育を重ねてきているので、お子さんの中核となる特性もはっきりとしてきました。 午後の協議の中で、お父さん、お母さんから挙がった、お子さんの気になる行動について、アセスメントのセッション中の様子や普段の様子などの情報をもとに整理して共有しました。 例えば、以下のような情報について、お父さん、お母さんからお話をお聞きしながら、整理していきました。 ・行動の背景要因  例:直前のきっかけとなるような出来事は何か。 疲れや空腹、痛みなどの整理的な要因がないか ・お子さんの発達の状況や発達上の課題  例:関係性などお子さんの発達状況はどうか。発達上課題となっていることがあるか。   ・お子さんの持つ特性  例:気になる行動の要因となる特性があるか。 ・事前の具体的な環境調整  例:事前の予告の仕方。準備しておくコミュニケーションツール。 ・うまくいっている関わり方  例:お父さんやお母さんの関わり方でうまくいっている方法はどのようなものがあるか ・お子さんに身につけてほしい行動レパートリー  例:どのようなコミュニケーションがとれると良いか お父さん、お母さんと一緒に確認しながら、お子さんの理解を深め、具体的に関わり方や取り組むことなど確認できました。 さぁ、今日からが新しい1年のスタートです!一緒に頑張りましょう! <ずっと一緒だよ たすく豊橋>

コミュニケーション力を高めるために 〜ミニ学習会より

イメージ
 皆さん、こんばんは たすく豊橋の篠原です。 街のイチョウ並木の鮮やかな黄色に、秋の深まりを感じる今日この頃です。 「コミュニケーション支援」 とても大切な視点です。 たすくのメソッドの中でも、 ①環境の視点としてのコミュニケーション →コミュニケーション環境を整えよう ②特性としてのコミュニケーション →例えば、コミュニケーションの苦手さや独特さがあることを理解しよう ③学習を支える学び(J☆sKeps)の視点としてのコミュニケーション →自ら他者を意識して伝えたり、自分に合った方法を用いて伝える力を伸ばそう ④機能的な目標(学ぶ内容)としてのコミュニケーション →コミュニケーションのとり方を学ぼう(画像のように学ぶ段階があります) メソッドの中に、いくつも視点として挙がってきます。それくらい、大切な視点ということになります。 その「コミュニケーション」をテーマに、お父さんお母さんとミニ学習会をしました。その学習会では、 ①コミュニケーションの意欲を高めるためにどのような工夫ができるか。 ②コミュニケーションの必要な語彙をどのようにして増やすか、4語文(SCOV構文)で伝えることをどうやって教えるか。 ③相手にわかりやすく説明する力を身につけるためにどのような工夫や教え方ができるか。 という3つのテーマで、実際にご家庭で取り組んでいることを紹介し合ったり、アイデアを出し合ったりしました。 ご家庭での取り組みは、どれもお子さんに合わせて工夫されてきたものばかり。 例えば、 ・「〜したい」という要求の引き出し方 ・「やりたくない」と自分の気持ちを伝える練習の仕方 ・「〜が嫌だった」と気持ちを伝えるために使っているツール ・4語文で伝える練習の方法やリマインダーツールの使い方 ・相手にわかりやすく説明するために、どのように受け答えをするか など、本当に勉強になりました。 これからも、お父さんお母さんと一緒に考えながら、具体的に1つずつ取り組んでいきます。 コミュニケーション力アップを目指して! <ずっと一緒だよ たすく豊橋> たすく豊橋では、一貫性と継続性のある支援体制を一緒に作っていく仲間を募集しています。 熱い思いをお持ちの方、ぜひご一緒しましょう!

ボタンを押すとたすくWebサイトにジャンプします

たすく豊橋教室では、個別相談会や勉強会などを開催中です!

詳細はたすく豊橋教室の紹介ページをご覧ください。

【アクセス】
住所:〒441-8013 愛知県豊橋市花田一番町138 豊橋西駅前ビル2F